反面教師あり学習

*/

反面教師あり学習

Negative Supervised Learning

GitHubやGistに上げたJupyter Notebookのファイルの「Open in Colab」のボタンを作る

概要

↓このボタンの作り方.

Open In Colab

Markdownのコマンド

[![Open In Colab](https://colab.research.google.com/assets/colab-badge.svg)](ここに以下の書式でURLを入れる)

GitHub:

http://colab.research.google.com/github/<username>/blob/<branch>/<filepath to .ipynb>

Gist:

http://colab.research.google.com/gist/<username>/<gist id>/<filename>.ipynb

以下のURLは自分が昔書いたディリクレ過程混合ガウスモデルのPython実装をGistに上げたもの.

https://gist.github.com/eqs/610095e8ab207d633ecc04ecb52a4a77

MarkdownでOpen In Colabのボタンを貼るには以下のコマンドをいれる.

[![Open In Colab](https://colab.research.google.com/assets/colab-badge.svg)](http://colab.research.google.com/gist/eqs/610095e8ab207d633ecc04ecb52a4a77/DPGMM.ipynb)

Open In Colab

カッコの入れ子がごちゃごちゃしててわかりにくいが,リンクを張るコマンドのテキスト部分に画像を挿入するコマンドが入っている.

Google Driveにファイル上げてリンク公開とかしなくていいので便利.